アニメガタリズ 第7話「ミコ、ダンピツセンゲン」感想

アニメガタリズ第7話は、廃部通告されるところからスタート。え、またかよ・・・。
生徒会の子可愛いから出てくるのは嬉しいけど、うーん。

前回の感想はこちらから

アニメガタリズ 第7話感想

ほんとに「またー!?」って感じですね。確かに文化祭の出し物が、アニメ流すだけってのは酷いですけど。

おー部活ものっぽい。語るだけではなくなってきました。

今回、顔のアップがやたら多かった気がします。もしかして厳しい状態なんでしょうか?

まぁ切れますよね。皆勝手すぎる。

メガネ、タメに敬語使ってるからギャップが良かったです。

でもちょっと褒めればこれだよ、チョロイナ。

なんか、みのあには甘かった気がするなー、イケメンのダメ出しの仕方。

完全にこういうキャラになりましたね。見ていて一番楽しいキャラになってきました。

順調に進むかと思いきや

妨害と無理難題始まった。会長の様子がおかしいですね。
最悪、セバスに手伝わせれば完成は簡単に出来ちゃいそうではあります。ただ、特設会場埋めろはムリゲ。

「万策尽きた」は話の中だけだといいのですが。今回の前半、顔のアップだらけだった気がします。大丈夫でしょうか。

ただ、作画が崩れてる感じじゃなかったし、たまたまだと信じたいです。今期の中でかなり好きな方の作品なので!
アニメガタリズ第7話感想でした。