結城友奈は勇者である 総集編「ひだまり」感想

前回で鷲尾須美の章が終わり、勇者の章が始まりますが、その前に1期の総集編が入りました。そりゃ必要ですよね、1期から結構時間経ってますし。

ただこれですと、勇者の章は5話だけになってしまうのかと残念に思ったのですが、公式サイト確認したら6話ありました。良かった。

結城友奈は勇者である 総集編感想

久々に見たら友奈が脳筋で笑った。一人だけ武器無しで戦ってるし。
それにしても、2年間バーテックスは何してたんでしょうね?

2期を見た後ですと、くるものがあります。

最凶のセコム。

個人的に1期が面白く感じたのは、終盤になってからでした。反逆の風先輩あたりから。ここからは物凄く面白かったです。

話は重かったけど、銀みたいな悲惨な死とか無かったから良かった。2期はツライ。

にぼっしーが一番格好良いと思います。

風先輩だけでなく、東郷さんまで反乱したのは熱かった。友奈が止めたわけですが、思いっきり振りかぶったグーパンで笑える。この脳筋さんめ。

最後は皆して回復したんですよね。ご都合主義ですけど、これで良かったです。
ですんで、2期も不安とかなく見始めたら・・・あの有様だよ。

そのっちも加わった続編なわけですから、当然楽しみではあります。でもやっぱり不安の方が大きいです。もう銀みたいなのは、本当勘弁して下さい。
結城友奈は勇者である総集編感想でした。