BEATLESS 第11話「Dystopia game」感想

引き続き、ロボットがゾンビというユニークな状況のBEATLESS第11話。

新番組がぞくぞくと始まってるので、空気にならない様に頑張って欲しいところ。

前回の感想はこちらから

BEATLESS 第11話感想

レイシアはその辺にいるhIEの視覚も共有できるとか、便利とか通り越してもうめちゃくちゃですね。

でも戦闘ではメトーデに一方的にボコボコにされたり。

気付いた人も多いと思いますが、動いてる間は顔とかずっとこんな。
動いてない時との落差が厳しい。

渡来の仕業でした。渡来はあれですね、頭の良いバカ。

メトーデもスノードロップも演出がかった登場の仕方。
これもアナログハックって事にしておいてやるよ。

妹が人質なのに、レイシア渡すの嫌がる主人公。

まじか、さすがにこれは無いわ。回を追うごとにアラトが嫌いになる。

ついに好きだと言いおったー!うへぇ。
それに応えちゃって、他の人間とオーナー契約出来なくしちゃうレイシア。

えーと・・・。ここは良い話って見るところなんでしょうか?

あんな長い捨て台詞吐いてったのに嘘だろ。

渡来がこんなにあっさり退場とはなんとも予想外。

紅霞&ケンゴの次は、メトーデ&リョウと来たかー。
リョウは妹がメトーデに使い捨てにされたの知らないのかな?

 

前回は退屈でしたが、今回は中々楽しめました。
戦闘シーンはもう少し頑張って欲しいですけどね。

あとは、個人的に主人公アラトへの不快感がいよいよピークに達してきました。アラトに敵対する全てを応援したくなる勢い。
第1話の時は、良い感じの主人公だと思ったもんですがー。

BEATLESS第11話感想でした。