刻刻 第12話(最終回)「㐧拾弐刻」感想

話の面白さで今期の上位、作画の悪さでも同じく上位だった刻刻。

ギャグならともかく、シリアスで作画悪いってのは個人的に致命的なんですが、なんだかんだ切ることなく最終回まできました。話のおかげ。

前回の感想はこちらから

刻刻 最終回感想

最後だけあって、顔のアップ位は作画頑張ってました。

間島と他2人をさくっと送還。あっさりしたもの。
迫君は頑張ってたんだし、もう少し何かあっても良いのにね。

最終回で佐河の子守をする樹里とか、ほんと予想つかないアニメでした。

「後ろからズドンだけはやめてくれ」「分かった」

前から不意打ちズドン!

佐河も半年で送還。
最終回が子育てだけで終わらなくて良かった。

まぁ数ヶ月でしょうね、一人で正気でいられるの。

男だったら、お約束の悪さってなりますが、真が操ってたカヌリニが仕事するとしたら殺されるし。

1話冒頭に繋がりましたかー。

あれ何だったんだって、ずっと気にはなってたんでスッキリ。

本石作った人の奥さんで、タマワニのせいで生まれつき不死。

数百歳の割に、樹里より若々しいなおい。

1話に出てたとはいえ、なんともご都合主義な展開。

無事帰宅出来たのは良かったです。
ただ、最後の子って佐河ですよねぇ?回想シーンと顔似てるし。
何も育ててやる筋合いないでしょうに。

 

佐河倒したあと、残る焦点は樹里の帰還方法だった訳ですが、これはご都合主義でガッカリでした。予想外には違いませんが、もっと面白いの期待してました。

ただ、物足りなさは有りましたが、後味悪くない終わり方だったのは良かったです。

1話は凄いインパクト、その後は早い段階から作画へたってて、何度か切ろうかとも思いました。結局話が気になって最後まで見た訳ですが、後悔するほどでは無くて一安心。

これで作画良かったら中々の秀作になってただろうに、勿体無いって思いが強い、刻刻 感想でした。