ハクメイとミコチ 第11話「夜越しの汽車 と 雨とテンカラ」感想

話だけでなく、舞台でも飽きさせないハクメイとミコチ。
第11話では汽車が出てきました。

前回の感想はこちらから

ハクメイとミコチ第23話「夜越しの汽車」感想

最初驚きましたが、あまり違和感無かったです。

でっかい動物が引いてるとかの方が、しっくりはきそうですけどね。時々出てくるバスみたいなのとか。

鉄道には全く興味無く、むしろ撮り鉄のせいで印象悪いんですが、それでもこのアニメだと魅力的に見えます。

和風の市場、ローマ風の街、無法地帯や水の中。ほんと場所でも楽しませてくれる。

ハクメイとミコチ第24話「夜越しの汽車」感想

可愛い雨具。なお布製で水が染みる模様。
ミコチは布マニアだから、機能性は二の次にしたのかな?

後半、ミコチの表情が唯一晴れたシーン。

1ミリも楽しくないでしょうねぇ。

朝の4時から汽車に乗り、雨の中で興味の無い釣り。
テンション上がるはず無いわなー。

でも口には出さないんだろうなーと思って見てたら、はっきりと言ったのでびっくり。

そうだね、ただの友達じゃないもんね。

最後に釣れてニッコリって終わり方で確定だな!と思ってましたが違いました。

 

釣りに全く興味無いんで、後半はミコチに感情移入して見てました。
と言っても、別に嫌な気分とかにはなりませんでした。まぁハクメイになら付き合うかなーって感じ。

前半の汽車は、雰囲気出てて単純に良かったです。なんで朝4時なのにこんなに混んでんだって疑問はありましたが!

ハクメイとミコチ第11話(23~24話)感想でした。次は最終回。今季一番好きだったこれが終わってしまうー。