宇宙よりも遠い場所 第12話「宇宙よりも遠い場所」感想

宇宙よりも遠い場所第12話は、タイトル回収なので見る前から大詰め感が出ています。

本来なら緊張するところ。ですが前回で満足しすぎて、逆にリラックスして視聴始めれました。
すでにデザートの気分的な。

前回の感想はこちらから

宇宙よりも遠い場所 第12話感想

母が居るまさにその場所へ行って、何も変わらなかったら一生このままかもしれない。

前回まで「南極」っていうイメージと正直違ってました。あんま寒そうな感じ伝わってこなかったし。
でも実際はそういうものなのかーと。

ですが、今回は思い浮かべる南極そのものって感じ!
内陸に行くとこんなに違うんですね。

こんな近距離でもロープを使って移動。

報瀬ママが行方不明になった状況、今までしっくり来なかったのですが、やっと腑に落ちました。

内容的に2期は無いでしょうし、この4人を見れるのも次で最後か・・・。

私はアニメで女の子見てると、すぐ百合百合しないかなーとか考える低俗な人間ですが、この作品はそんな考え起き無いほど、キャラとキャラの良い関係見せてくれました。

このあたりまでは、まだ余裕持って見てたんですよ。
さすがに闇雲に雪掘るなんてしないかーくらいに。

ですが、

ちょっと、やめて、2週続けて泣かさないで。

 

盛り上げてくるのは分かってましたが、こういう風に来ましたか。
もっとベタベタなの予想してました。凄いアニメと思いつつも、まだ甘く見てた様です。

2回続けて泣いたアニメなんていつ以来かな、ちょっと思い出せません。
ただでさえ前回で既に大満足してたのに、もうどうしたもんやら。

宇宙よりも遠い場所第12話感想でした。
あとは次の最終回、気持ちよく〆てくれれば言う事なしです!