刻刻 第11話「㐧拾壱刻」感想

先が全く読めなかった刻刻も、今回と合わせて残り2回。
どういうラストになりますかねぇ。

前回の感想はこちらから

刻刻第11話感想

樹里を還す方法と、昔話で揺さぶりかける佐河。

耳貸さず容赦ない樹里。

カッターでトドメを刺すことにも躊躇無い主人公。ぶれませんね。

まぁ、この親父の娘ですからね。爺ちゃんが一番まとも。

その親父は指切断で一足先に帰還。

今にも何かやらかす感ずっとありましたが、結局これといって無かったなー。

続けて真も帰還。なぜか真の時だけメルヘンな感じに。

佐河は人間から何段階変身すれば気が済むの?

せこい策など樹里の前では常に無意味。

佐河、一周回って人間に。

 

元の世界に戻れるかもしれないのに、躊躇なく佐河殺しにかかる樹里がかっこよかったです。

その佐河は赤ちゃんになってしまったし、頭のおかしい親父も居ない。
まだ最終回が残ってますが、もう波乱は無さそうかな?

出来れば驚くようなラストであって欲しいところですが。
刻刻第11話感想でした。