刻刻 第10話「㐧拾刻」感想

前回、真が覚醒してカヌリニ操れる事が判った刻刻。
戦力プラス、敵は残り佐河一人の状況。

前回の感想はこちらから

刻刻第10話感想

ちゃんと座って箸まで使ってやがる・・・。

こんなん、真が操ってるって気付かない方がおかしい。

作画も相まって、緊張感まるで足りません。決戦なんじゃないの?これ。

間島捕まえて、実験に使うって言った時の声がなんかやらしかった。

どんな実験するつもりだったのやら。

肥大化して逃れたけど、無理がたたって燃えカス状態。

なんかあっさり追い詰められちゃった。
樹里を戻す方法教えるとか言い出したけど、代わりに見逃せって事かな。

駆け引きだけでなく、昔話まで始めちゃったよ。
モブのエロシーン始まったとこで終了。作画悪いから楽しみでは無いなぁ。

 

今回は佐河との決戦だった訳ですが、作画悪いからバトルはつらいですね。緊張感まるで感じませんでした。

作画悪くてもストーリーが面白いから継続してますが、今回みたいにバトルメインだと駄目だなー。

本来は盛り上がる場面でしょうから残念。
刻刻第10話感想でした。