BEATLESS 第8話「Awakening of sleeping beauty」感想

前回、人間とhIEでboy meet girlとか言い出して、正直ちょっと気持ち悪くなってきたBEATLESS。

紫織お嬢様とメトーデが、この流れぶっ壊してくれる事に期待しながら視聴開始しました。

前回の感想はこちらから

BEATLESS 第8話感想

ククク・・・紫織、力が欲しいか?

契約にあたって、メトーデが紫織に命令を出させました。
1メトーデは紫織がオーナーだと明かしてはいけない
2オーナーの人数を絞り込む命令を受けてはいけない 〇ッチhIE
3この命令の事を他者に伝えてはいけない

社長さん、アラトのクラスに転校生としてやってきましたか。アニメあるあるで1ミリも驚かないよ。

エリカ・バロウズ バロウズ財団の理事長にして、メディアグループであるファビオンMGのCEO。2011年生まれ。アラトのクラスメイトになる。77年にわたる冷凍睡眠から2104年に目覚めた。レイシア級hIEのオーナーたちに、その戦いをオープン化するように提案する。 公式

唐突なキティちゃん推し。
何事かと思ったら、twitterでコラボが告知されてました。

リョウ君、もっと言ったれ言ったれって思いながら見てました。アラトが主人公のくせに気持ち悪いからね。

それにしても、毎回毎回アナログハックうるさいなー。どんだけ気に入ってるんだ。

タイプ03はメイドになり果ててたか。レイシア級なのに・・・。

あとキティちゃんしつこいです。

左の服を可愛くないとダメ出し、右の服を可愛いと着せるセンス。さすが未来が舞台のお話です。

レイシアの登記上の機体番号を持つhIEが他にいる。そこから攻撃仕掛けるぞー。
ほぼ準備が完了してるからこその、面と向かっての宣戦布告の模様。

 

今回は100%会話のみでしたー。
それでもある程度楽しめましたが、やはり物足りない。

でも次回予告見たら、

戦闘シーンばっかりだったので、これは次回楽しみ!

BEATLESS第8話感想でした。