ハクメイとミコチ 第8話「長い一日」感想

今回のハクメイとミコチは、珍しく1話だけの構成になっています。第8話にして初めての事。

無法地帯の「蜂蜜館」での話ですが、そもそもコンジュがそんな所に住んでるのが驚き。

前回の感想はこちらから

ハクメイとミコチ第18話「長い一日」感想

古参の嫌がらせでステージ壊されたコンジュ。
このアニメで「殴り込みだー!」なんてセリフを聞くことになるとは。

うへぇ悪そう。
まじでいつもと雰囲気違うな今回。

よそ者のくせに、格好良く宣戦布告しちゃうハクメイ好き。

何この堂々としたハイエース。

ミコチ達の顔が堪らないです。

ミコチに思い出の酒を再現してもらい、それを使って仲裁しよう。

ほんと今回は雰囲気違ってびっくり。
アクセントっていえばアクセントかなー。

でも、ほのぼの囚われコンジュを見て安心しました。
これならいつも通り、綺麗に終わってくれるはず。

相変わらず多芸のハクメイと、狙いを悟ってあっさり協力してくれるトカゲ。

やはり悪いのは見た目だけだったね。

古参連中はただ騒ぎたいだけでした。良かったわぁ。
新参側はガチっぽかったけど、こちらは遊びでしたねー。

ミコチが作り直した酒は美味くて、思い出の酒は実は不味かったというオチ。

最後はやっぱり綺麗に楽しくまとめてくれました。こうでないとね。

 

今回は前半の雰囲気がいつもとかなり違って驚きました。もしや殺伐とした話になるのかと。だってステージ破壊とかしてるし、そりゃ心配にもなるというもの。

コンジュがおにぎり食ってるところで本当にホッとしました。

終わってみれば、まぁ気分転換にはなったかな。
でもこのアニメ、私的に毎回大満足なのでそんなの要らんですけどね!
ハクメイとミコチ第8話感想でした。