オーバーロードⅡ 第6話「拾う者、拾われる者」感想

前回でやっとトカゲ編が終わったオーバーロードⅡ。あんなのに5話も使う事無いのに。
個人的に、今回からやっと2期が始まるって感じです。さ~楽しませてね。

前回の感想はこちらから

オーバーロードⅡ 第6話感想

奴隷の子の傷えげつないなぁ。いきなりテンション下がりかけた。

でも、セバスが男前でなんとか持ち直しました。

ソリュシャンが不満丸出しでひでぇ。どう考えてもセバスの方がずっと格上でしょうに。

癒す前に食べるとか言ってたけど、何か仕込んだのかな。

ここまで紳士なのにはびっくり。この性格でよくナザリックに居れますねぇ。

シャルティアから逃げたブレイン、2期でも出番あるのか。

新キャラ一挙に5人。8本指という裏組織の麻薬生産所を襲撃したので、王国の人間ですかね。

トカゲばっかだったので、人型の女キャラってだけでテンション上がる。

8本指のキャラも追加。金髪おっぱいさんの出番多めでお願いしますね。

 

今回、新しい話の序章って感じでしょうか。内容的には物足りなかったんですが、トカゲが居ないってだけで嬉しい。
ソリュシャンの態度とか普通だったらイラっと来るところですが、トカゲに比べれば美人の不満顔の方が100倍マシだなとか思いながら見てました。

次回から本格的に話動いてくるのかな?とりあえず楽しみしかないです。
オーバーロードⅡ第6話感想でした。