ハクメイとミコチ 第5話「組合の現場 と 大岩と飼い石」感想

ハクメイとミコチ第5話は、いつも通り2話構成で今回は10~11話。
珍しく話が続いていて、丸々ハクメイが初めて大工組合で働くお話となっています。

前回の感想はこちらから

ハクメイとミコチ第10話「組合の現場」感想

おお、イワシ親方再登場。前出た時カッコ良かったからまた見たかったんだ。

組合では門前払いされちゃったけど、優しいイワシに連れられて石垣修理の現場へ。

イワシの道具研ぎつつ勉強。

熱心さが裏目に出たでござる。
寝不足で現場に近づくんじゃなーい。

会長のノミ研ぎ断るところの緊張感。

逆に認められて何でって思いましたが、怖い物知らずは信用出来ないって理由でした。なるほど。

めでたく「石貫會」に仲間入り。

ハクメイとミコチ第11話「大岩と飼い石」感想

ミコチも料理のお手伝いで登場。
スイカ転がってきたら潰されちゃうねぇ。

ハクメイ、任された最初の仕事で見事な危機感知。
こんな出来る奴、蹴らないで正解でしょ。

指示ミスしたうえに、思い入れある大岩でもあったので落ち込む会長。

ここでハクメイが凄いアイデア提案。ちょっと優秀すぎぃ。

道具にうるさい会長から、改めて研ぎを頼まれてからの~「いい仕事だ、感謝する」

ほんと毎回綺麗にまとめてきて堪りません。

今回も気持ち良く終了!

毎度の事ですが、視聴後の満足感が凄いです。
ここまで5話の内、不満あった回なんて1度も無し。面白いアニメは他にもありますが、ここまで安定感あるのは年に数本あるかどうか。
ハクメイとミコチ第5話(10~11話)感想でした。