宇宙よりも遠い場所 第6話「ようこそドリアンショーへ」感想

宇宙よりも遠い場所第6話は、丸々一話オーストラリアへの経由地シンガポールでのお話。
前回キマリの友達のせいで後味悪い出発でしたが、そんなの忘れる楽しい回でした。

前回の感想はこちらから

宇宙よりも遠い場所 第6話感想

飛行機の描写の後、てっきりすぐオーストラリアかと思いました。
直行便とかある様ですが、シンガポール経由を選択。

前回がモヤモヤする内容だったから、尚更楽しい。キマリが落ち込んでたりする話じゃなくて良かった。

しっかり者かと思ってたらパスポート失くすとか。この時はいまいち納得出来ませんでした。

すぐに3人だけで行かせる決断して、それを笑顔で言える日向ちゃんほんと好き。

やはりチケットの変更なんて簡単にはいかないか。
この後どうすんのか全く読めませんでした。

久々にアニメでうるっときました!こいつら最高か。
私的に、この作品前半のクライマックス。

てっきりこのまま良い話だなーで終わるかと思ったんですが。

こういうオチだったか~物凄く納得すぎる。おかしいと思ったよ。

お高いチケット、キャンセル出来てお金も戻って良かった。めでたしめでたし。

罰としてドリアン食べたところで今回は終了。そんなに臭いとか、逆に食べてみたくなりました。

 

このアニメ、今期の中で1番か2番に好きなんですが、その中でも1番好きな回になるのかも。前回の後味の悪さを完全にかき消してくれました。

あと久々に変顔沢山見れて嬉しい。

4~5話ではほとんど見れなかったので、今回はほんと大満足。
宇宙よりも遠い場所第6話感想でした。後半戦にも超期待。