BEATLESS 第2話「Analog hack」感想

1話が凄い面白かったBEATLESSの第2話。hIEはほんと何でも有りの便利ロボットですねぇ。

前回の感想はこちらから

BEATLESS 第2話感想

妹ちゃん、勝手にモデルオーディションに応募するとか。一応拾い物なんやで。本来の所有者から返せって言われるかもしれないのに。

機体番号や固有コードやらベラベラ喋っててビックリ。レイシアって脱走した内の1体かと思ってましたが、違うみたい?
行動管理クラウドという物で、ミームフレーム社が動かしていると判明。

世界最大のhIE行動管理クラウドのプラットフォーム企業。超高度AI《ヒギンズ》を所有している。
非常時のデータ運搬用に《レイシア級hIE》の開発を《ヒギンズ》に依頼。東京研究所で《レイシア級hIE》5体を完成させるも、脱走されてしまう。内部では、経営判断を《ヒギンズ》に仰ごうとしている親コンピュータ派閥と、人間の組織は人間が運用しようという人間派閥に分かれている。
現在、HOO(ハンズ・オブ・オペレーション)というPMC(民間軍事会社)に逃走したhIEの回収・破壊を依頼している。公式サイト

モデルの仕事の担当者濃すぎ。

違うアニメみたいになってきて少々困惑してます。

考えるより早く、視覚などの五感で感情が動いてしまうアナログ的な意識を突いて、誘導・改変するのをアナログハックと呼ぶのだそう。

クラウドに接続すれば、こんなのも即興で出来るとか、便利とかいうレベルじゃないなー。

そういえばhIEの破壊事件とかありましたっけ。それにしても22世紀だってのに、この辺のデザイン変わってないのは少し無理ありますね。

ありゃ、主人公の友達君じゃないか。何か逃走ルートの指示とかしてたみたい?hIEに対する考え方、感じ悪いなとは思ってましたが。

戦闘一切無しで2話終了!

えー、はっきり言って微妙な回でした。1話の2倍以上の時間の長さに感じました。

iHE便利なのは改めて分かりましたが、ちょっと見所無かったかなー。アナログハックのくだりも、ふーん位にしか感じませんでした。

溜め回だったと思う事にして、次回に期待します。
BEATLESS第2話感想でした。