ゆるキャン△ 第2話「ようこそ野クルへ!」感想

ゆるいキャンプアニメの第2話です。前回のキャンプ体験気にって、早速それ系の部活入る主人公。
なんかこのキャラ見てると、けいおんの唯を思い出します。

前回の感想はこちらから

ゆるキャン△ 第2話感想

4人になれば部昇格か、アニメあるある。それにしても、すぐ横いるのにひそひそ話は無理じゃないかな。

残酷なまでの格差すなぁ。こういうアニメで、一人だけブサイクって珍しい。

ノリ良くて楽しい。

下ろしてる方が可愛いのに何してくれてんの?

もう影響されて、尼で安いテント買ってる人も居るのかな?

めんどくさい奴に見つかってしまった。

Bパートは前回みたいに、しまりんの一人キャンプ。なでしこが主人公かと思ってたけど違ったかな?

キャンプ場入るだけ2千円、その他諸々かかるとか結構大変。そこまで一人キャンプが好きか。

キャンプ楽しそうとは思いましたが、一人でってのはやっぱり理解出来ないです。

そういえば山梨と静岡が、どちらが聖地かで微妙に競ってるとかなんとか。現地に歓迎されてるようでなにより。

一人キャンプを邪魔された気持ちと、食材歓迎の気持ちで板挟みかな。

ほのぼのと終わるかと思ったんですが、Cパートが・・・。
男ならまず間違いなく、卑猥なの連想するに決まってるじゃないですかー。

最後の玉揉みは別にして、今回もしっかり楽しめました。1話が始まる前は、正直1ミリも期待してませんでしたので嬉しい誤算です。

変なシリアスとか入れないで、この空気のままで続いて欲しいところです。
ゆるキャン△第2話感想でした。