魔法使いの嫁 スペシャルダイジェスト感想

1話が凄いインパクトあった、魔法使いの嫁。
全24話の前半終わったところで総集編が入りました。新規映像あるかもと思って見てみましたが、残念ながら無し。普通の総集編でした。

やっぱりすごい始まり方。

1話見終わった時は、これは凄い楽しみなの始まったと思ったものです。

そういえばエリアスの擬態、1回しか無かった。チセは普段の方が良さそうな感じでしたが、ほんと感覚変わってますね。

BBAじゃなければなぁー。
妖精女王とかすんごい乳のキャラ居ましたが、総集編では出てきませんでした。やたら力入れてたくせにー。

エリアスを監視してる教会からの指示で、3つの仕事をこなすことに。1番目は竜の国へ。ここでは仕事っぽい事はしてなかったかな。

2番目は猫の国。妻の為に猫虐殺した夫と妻の魂の浄化。
なかなかキツイ話でしたが、一応綺麗に終了。

ここで登場したカルタフィリス、こいつがラスボスになるんでしょうねぇ。

3番目の仕事はブラックドックの調査。着いた途端この有様だよ。毎度思いましたが、チセは一人にしてはいけない子。

珍しくチセが切れたり、ブラックドックを使い魔にしたり。

猫のとこの夫婦に続き、これもキツかったです。

またチセが傷つけられて切れるエリアス。こいつ真横に居たのに防げなかったんだよなー。

ここまでが8話までのお話。辛い話もありましたが、退屈することなく見れてました。困ったのは9話以降。すごいゆっくりとした感じになり、日常と昔話ばかりに。

杖作ったくらいですねぇ。

物凄いインパクトの1話、そこからは随分下がったとはいえ、色々ピンチやらあって退屈しなかった8話まで。

ところが9~12話は一転して、まるで雰囲気を楽しむアニメの様な感じに。この総集編でも、この部分は5分しかありませんでした。これといった事が無かったのが良く判ります。

もう切ろうかとも思ってしまいますが、この後は原作を追い越すらしいんです。これじゃぁ原作読んで済ます事も出来ません。くまったくまった・・・。
魔法使いの嫁スペシャルダイジェスト感想でした。後半戦開始からこれは!って感じになったりしないかな。