結城友奈は勇者である-勇者の章-第5話「清廉な心」感想

友奈の結婚宣言で始まった、勇者の章第5話。む、死ぬ前に東郷さんと結婚ごっこか?とか思ってしまった。我ながら恥ずかしい。

前回の感想はこちらから

結城友奈は勇者である-勇者の章-第5話感想

神樹様と結婚ときましたか。それで人間は神の眷属になって救われると。
それにしても神樹なのに寿命300年とか、ちょっと短くないですか?

天の神のタタリでもうすぐ死ぬ身ですし、引き受けるしかないですもんね。

個人的には、しょうがない決断だと思うのですが・・・。

部員全員タタリのことはもう知ってるんだし、それで死ぬよりはと、納得する人も一人くらい居ていいと思うんです。

今回も見てて辛いなぁ。

勇者御記読んでも大丈夫そうでしたが、本人の口からだと即反応しますね。

300年の間に、すごい数の犠牲出してますね。大赦って無能集団なのかな。

このアニメ、やたら水に打たれるシーン多いなー。

ゲーム画面かよって突っ込みたくなりませんか。

髪が急に伸びたよ!?
ヅラってのもおかしな話だし、なんなんでしょ。

先生の立場的にしょうがないとはいえ、薄情には見えてしまいますね。

うーん、最終回前の溜め回って感じが強かったかな。展開的にはいまいちで、ただ友奈見てて辛いだけの回って感じでした。その分、次で魅せてくれるとは思いますが。

ただ、次の最終回1週空いちゃうんですね。やきもきしたまま年越しかー。
あ、でも新年早々に良いハッピーエンドが見れるのかもしれない。そう期待しておきます。
結城友奈は勇者である-勇者の章-第5話感想でした。