クジラの子らは砂上に歌う 第11話「夢の話だ」感想

クジラの子らは砂上に歌う第11話は、ファレナ殲滅作戦の総指揮官オルカの審問会からスタート。帝国にとって急ぎでもないのに、オルカが作戦を強引に通したので責任重大。

前回の感想はこちらから

クジラの子らは砂上に歌う 第11話感想

こんな審問会なんて超よゆー。

神の体であるヌースの御使いになれるのが印、なれないのが無印。そして第3の人類がデモナス。

デモナスであるオウニを挑発したあいつが悪いんや。うまいことアラフニに責任押し付けました。

よく口まわるなぁ。リコスの兄とは思えない。

デモナスであるオウニを掌握出来ると豪語。責任を回避しただけでなく、新しい作戦をオルカ主導で開始。

新しい戦艦ちょうだいね、よろしくっ

前回、印の皆が見た夢はこれに繋がりました。納得のタイトル回収ですね。

お客さんたちは、魔の海域を運よく抜けた先で泥クジラを見つけた。
舵の無い泥クジラは海流にのって、延々と同じ海域を彷徨ってた模様。天然の牢獄。

その魔の海域を超えられるのは、これまでは帝国の戦艦だけだった。
お客さんたちの国は帝国と敵対してるから、泥クジラを迎え入れると。

帝国のヌースは人民の感情を食べ、サイミヤを授ける。
ファレナのヌースは印の命を食べ、サイミヤを与え泥クジラを浮かせている。だから泥クジラの印だけ短命。

はー、なるほどなるほど!色々スッキリ。
あ、でもそれだとオルカやピンク髪がサイミヤ使えるのには、また別の秘密があるのか。あいつら思いっきり感情あるもんね。

案の定長老会は知ってました。

このまま東の国へ行くのかと思いきや。
以前ちょろっと出ただけの双子が、無印たちへ反旗。一応もっともな演説ですね。

止めに入ったオウニ、壁ドンされても大人しい。どうしたん?

今回、最終回前とは思えないほど設定つっこんできたので、感想というより備忘録みたいになってしまいました。
タイトル回収はしましたが、それ以外は終わりに向かう展開じゃ無かったですね。これ、2期決まってるのかな?絶対やって欲しいです。

とりあえず最終回何やるのか楽しみな、クジラの子らは砂上に歌う第11話感想でした。