干物妹うまるちゃんR 第10話「初めてのみんな」感想

うまるちゃんR第10話は、ここ最近出番少なかったシルフィン多めでした。すごい久しぶりな気がする。

前回の感想はこちらから

干物妹うまるちゃんR 第10話感想

シルフィンの部屋、広いだけでなんか色々残念な感じ。

ポッキーゲームやって欲しかった。そういやこの作品って、女キャラ多いけど百合っ気無いなー。

久々のメインのせいか輝いて見える。

ヒカリちゃんが早いタイミングで出てきたから喜んだんですが、やっぱり出番ちょっとだけ。

変形途中、結構きもいな。

八王子の近くが舞台だったんですね。

この姉妹が、個人的に好きなキャラのツートップです。もっと出ないかなー。

またシルフィンのターン。ただの話上の場所かなーと思ったんですが、ググってみたら実際にありました。相模湖のレトロゲーム屋。

海老名ちゃん全教科やばくて留年危機って。そんなバカキャラだったっけ?って思ったら、テスト本番で緊張しすぎるというだけ。焦ったわ。

入学当時の回想始まった。あきたこまちなら沢山食べれるって言ってたけど、他の物も凄い食べてますよねー。

なんか都合よく緊張を克服しました。緊張に極端に弱い人間としては、すこし釈然としません。
それにしてもうまる・海老名の後ろの席って、男は勉強が手につかなそう。

今回は久々にシルフィンが沢山見れました。特別好きなキャラって訳でもないですが、あまり出ないと寂しくなるもんです。賑やかなキャラですし。干物妹うまるちゃんR第10話感想でした。