アニメガタリズ第8話「アリス、オカネガタリマセンワ」感想

恒例の廃部危機中のアニメガタリズ第8話。今回は最初の回想といい、ラブライブっぽくした感じ?

前回の感想はこちらから

アニメガタリズ 第8話感想

すっかり諦めムードでスタート。

お姉ちゃん似過ぎぃ。姉妹とも受け入れてたけど、こんな親父は絶対嫌だけどなー。そういえばコミケ回の時、伏線っぽいのありました。

誰一人諦めてなかったかー。私だったら、とっとと投げて寝てる。

他の部を使って会場埋めるとか、姑息な起死回生のナイスアイデア。

会長さんは一体どうしたんでしょうねぇ。今回も謎のまま。

また出番ありましたか、ベイベーちゃん。

他の部に会場あっためさせておいてからの、

えええぇぇ・・・。3か月かけてこんなの作ってたの?正気と思えませんね。

ここ、数秒で済ませてくれたら笑い話で済むのに、数分かけてやったもんだからキツかったですわ。この作品、テンポが良いのが一番好きなとこなんだけどなー。

こんなんでも何故か大盛況。普通帰っちゃうよこんなの。

ED間に合わないから自分達で歌うのは良いんですが。何でわざわざ男の前で着替えますかねぇ。前々回からミコちゃんのエロキャラ化が止まらない。

このED、今期の中で一番好きなんですが、掛け声入っただけで凄い気持ち悪く感じました。

イイハナシダナー?

今回は話自体は面白かったのですが、あの自作アニメシーンが厳しかったです。1ミリも面白くないし、何より長すぎ。
作品通して作ってたとかなら判りますが、前回から作ってたもんじゃないですか。あんなに尺とる必要あったんでしょうか。
ちょっと不満が残る、アニメガタリズ第8話感想でした。