魔法使いの嫁 第8話「Let sleeping dogs lie.」感想

前回はチセがまた酷い目にあって、エリアスがブチ切れて変身したとこで終わった魔法使いの嫁。第8話は引き続きブラックドックのお話。またチセの力で過去見えちゃってます。

前回の感想はこちらから

魔法使いの嫁 第8話感想

イザベルは事故で死んだのか。少し前の夫婦みたいな悲惨な死に方じゃなくて良かった。と、この時点では思ったんですけどねぇ。

今回、画面暗くて暗くて。画像載せる意味なさそう。
頭撃ってあっさり決着かと思いきや、やはりそうはなりません。

あの夫婦より悲惨やった。

ところで、これちょっと疑問。イザベラ死んだあと、犬も死ぬまで墓の前に居ました。体腐る前に取り出してキメラに出来ないでしょうに。

エリアスも焦るほどの切れたチセ。ガチで戦闘したら強そう。てっきり見れるのかと思ったのに残念。
クソガキの名前はカルタフィリスで、死なない呪いを受けてるらしい。

ウィルオーウィスプ、いかにもファンタジーで良いですね。

敵の前で随分ゆっくり契約してました。この辺はいかにもアニメですねぇ。

さくっと奪還。

ウィスプちゃんがイザベラを送ってあげて無事終了。

使い魔になったので、犬はレギュラーメンバー入りかな。それにしてもチセ、ザックリやられたのに、治療とか回復の描写無かったのは何故なんでしょう。あの位平気なのかな?

今回はちょっと疑問なとこもありました。たぶん原作読めば解るんでしょうけど。放送全部終わったら読もうっと。魔法使いの嫁第8話感想でした。

そういえばチセ、変身したエリアスのバトル見ても全然平気でした。さすがにそれは無いと思うなー。